さぁ何時なりと

雑記ばかり。クソインキャ女子大生。

僕は自分が

なぜ生きていなければならないのか、

それが全然わからないのです。

『斜陽』―太宰治

この所どうもこころの調子が良くない。

如何せん出来の悪いやつですから、ただでさえ燃費が悪く、少し走っただけでばててしまう廃品間近のボロ車なわけであります。

 

うだうだ言ってますが、バイトのし過ぎですね。

私はあと17連勤しなければ一日の休みが確保できません。

学校生活や日常の潤いのために始めたアルバイトがいつしか私生活を蝕み、アルバイトの為に早く寝る生活、アルバイトのためにする買い物、アルバイトの為に携帯する外面の私……

主軸が完全に乗っ取られて来ました。

 

不良品である私の心がいけないのです。

赤の他人に一つのNoすら言えない臆病者の私が、私だけがいけないのです。

 

何度もアルバイトを辞めようと店長を呼び止めても、目を合わせると数秒口がもごついて、ぐぇ。とひと鳴きしたあと出た言葉が「大丈夫です、何でもないです」あ〜あ。

 

10日ほど寝ずに働き続ければバイトをしなくていい生活が来るのでしょうか。いや、まてよ、もしそうなるのなら薬代、治療費、、一二三、、バイトしないと、、、

 

アイドルは休業できるのに大学生が休業できないのは可笑しい話です。なんとかしなければ。私には、物事を見つめ直し再分類する時間が必要なのです。3日5日のようなものではなく、3ヶ月半年のような長くゆるりとした時間が。

サイレントマジョリティーを聴いて泣いた話

f:id:Sleeping_____a:20170818195912j:image

 

巷ではコクリコ坂46だったか、坂本勇人坂46だったか忘れましたけど、まぁ欅坂46が流行っているらしいですね。

時代の波に抗う21世紀最後のジャンヌ・ダルクなので、そんな簡単にオリコンとかチェックをしないんですが、カラオケで働いてると否応なしに週間ランキングを耳にするわけです。

 

「♪夢を見ることは~ 大人たちに〜」

 

また秋元康が何か言ってるなぁ程度にしか思ってなかったのですが、嫌な予感がしました。

 

数日後、もはやiPodと化したiphone5cを見てみると

 

サイレントマジョリティー - 欅坂46

 

おるやんけ。おい、しかも一番上に。

嫌な予感的中ですよ。

そんなこんなで聞き続けて大体二ヶ月くらいだったんですけど恐怖ですね。

 

「♪YESでいいのだ〜サイレントマジョリティ〜」

 

ノリノリで口ずさんでいると横で妹が鋭い目をこちらに向けていた。

 

『YESでいいのか、だし。バカボンじゃないんだから。やめてよ』

 

すみません…

 

f:id:Sleeping_____a:20170818200819j:image

 

まぁ何が言いたいかと言うと、歌詞がいいんですよこれが。バイト18連勤の幕開けに歌詞付きで見た私が愚かでした。

君は君らしく生きて行く自由があるんだ

大人達に支配されるな

初めからそう諦めてしまったら

僕らはなんのために生まれたのか?

嗚咽漏らしながら聞きました。

ありがちなメッセージ性なんだけど、MVで舞うかわいい女の子たちが真っ直ぐこちらを見て歌うところがもう…秋元康パイセン最高っす…あと平手友梨奈ちゃんすごい可愛いですね。非常にいいです。

 

とりあえずバイト辞めたくなってきました!!!

信じられているから走るのだ。間に合う、間に合わぬは、問題でないのだ。

今日の活動を以て夏の学習サポートボランティアが終わりました。

7月下旬から今日までの約3週間、貴重すぎる且つ刺激的な毎日に一喜一憂しながらも確実に教職への意欲が高まっていったのをしみじみと感じます。

 

f:id:Sleeping_____a:20170817234555j:image

 

特に泊まり込みで活動した雨竜郡沼田町でのボランティアは思い出深いものでした…。

人懐っこい子どもたちと、暖かさのある町民の皆さん、アットホームな空間を作り出してくれる先生方…こう、なんというか、畳の上に敷布団を引いてすうっと寝たくなる感じ。分かりますか。ちょっと語彙力が今宵も荒ぶってますけど、包容力が半端なかったということです…。

だって、ボランティア終わったら教育委員会の方が車を出してくれて、沼田町・北竜町観光してくれたんですよ…こんなの惚れますよね。惚れない人は大分心が荒んでると思われますので、近所の公園のシロツメクサを三十秒ほど見つめてからこの記事を見てください。

 

f:id:Sleeping_____a:20170817235108j:image

 

中学生とも触れ合う機会があったのですか、みんなやっぱり「進路」について悩んでいる様子。偉いなぁ、私が中学生の時は部室のMac PCに夢中で同級生とCG効果使って宇宙とか海の中ではしゃぐ写真とか作ってましたからね、進路のし、すらない生活ですよ。

まぁ、そんなちゃらんぽらんな生活を約18年続けてきた私が純粋無垢な中学生の男の子に「どうして勉強してるんですか?」と聞かれた訳です。ちょっと考えてから、その後の隣の椅子に座りました。

 

f:id:Sleeping_____a:20170817235548j:image

 

「大学に行きたかったからかなぁ」

『それだけですか?』

まぁね、そうなるよね。

「そこに山があるから登るのだ」と一緒で「そこに大学があるから勉強するのだ」「そこに布団があるからぐっすり寝るのだ」という概念の基いまここに居ます。

教員になりたいから大学に来たわけでも、立派な人間になりたいから大学に来たわけでも、友達が行くから大学に来たわけでもありません。

またちゃらんぽらんな理由ですが、何となくです。もちろんその何となく、という理由を豪語出来るほど経済的にも学力的にも余裕があった訳ではありません。精神的にも。

ただそうでも思ってないとやっていけなかったからですね。もし落ちたら、ってことを常に想定していたのであまり大学に夢を見ると絶望の絶壁でデコピンされるような想像し難い深い悲しみと虚無感に喰われてしまうような気がします。(もちろん浪人がいけないという訳ではありません。ただ、私にはお金も時間も無かったので、大学にいけないことは無限の死であったのです)

そういうのを考え始めると際限ないので、今目の前にあるものだけを見るようにすると、これが急に楽になりました。

 

「将来の夢はあるのかい」

『わかりません…まだ』

 

夢があることはいい事ですが、つまりそれはその道しか辿れないということです。例えば、写真家を目指す人はきっと、写真の道をひたすら真っ直ぐに追い続け、その先に輝かしい写真家という職業があると思いますが(どんな職業もそんな簡単じゃないだろうけど、そう信じることに意味があります。多分)きっとその写真家はその道の匠であり、他の道の初心者であります。

私は、自責する少年に「今誰よりも得しているね、色んなことに挑戦できる余裕がある、夢がある人よりかっこいいじゃん」とガッツポーズすると素っ頓狂な顔で見つめていました。

きっと、根っからの真面目なんでしょう。

なんだこのUMAは?と思われたかも知れません。

 

『ありがとうございます』

 

少年、UMAは嬉しいぞ…。君はこの先色んなことで悩むだろうが、そんな時こそ肩の力を抜いて、物事を見つめてほしい。

積み上げたものをぶっ壊して、身につけたものを取っ払うスキマスイッチ型の人間もまた若さだが、身を呈してまでぶつかっていく必要は無いのだ。まだ14歳だしね。頑張れ。 

信じられているから走るのだ。 間に合う、間に合わぬは 問題でないのだ。

―『走れメロス太宰治

 

「脳がちぎれるほど考えよ」

日々、革新的な展開を見せるソフトバンクの創始者・孫正義さん。

もしかしたら、日本の総理より名前が世界に知れ渡っているかもしれませんね。

別にソフトバンクの回し者ではないのですが、Youtubeでふと目にした孫さんの演説などを見てグッときたので、今日はそういうことです。自己啓発デーです。

 

 

・彼の生い立ち

孫正義さんは1957年、佐賀県在日韓国人三世として生まれました。

家は貧しく、ぼろぼろのトタン屋根の下で暮らしていたといいます。

彼が中学生の時、父が病に倒れました。兄は高校を辞め、家計の収入を賄い、母は泣き暮らし、家族の危機に瀕したとき「実業家になろう」と決意したのです。

もちろん、そんな簡単に友達や先生、家族が見送りだしてくれるわけもなく、みんなが止めたそうです。

それでも彼は「アメリカに行って何かをつかんで事業を興す」と約束し日本を出ました。

 

アメリカのサンフランシスコのセラモンテ高校に編入してすぐのことでした。

「教科書の内容は全てわかるから、カリフォルニア州の大学試験検定を受けさせてくれ」と校長に掛け合ったのです。(やばすぎ)

しかし、ここはアメリカ。問題は全て英語で出題されます。そこで孫正義は「日本語ならばこの問題は解ける。辞書を貸してくれ」と言い出します。

校長だけでは話をつけられず、州の知事にまで電話で交渉。そして、辞書の持ち込みと時間延長という特例を獲得。見事合格した。

ホーリーネームズ大学入学後すぐに、彼は1日1つ発明をしてそれを続けると決意しました。その間に生まれた「音声装置付きの多国語翻訳機の試作品」はシャープに1億円で買い取られました。

 

・会社の設立

彼は1億円で会社を立ち上げました。22歳のことでした。

日本に帰国後、40種類の事業の中から「50年やり続けられるもの」「ナンバーワンになれるもの」など独自の基準で分析し当時まだなかったソフトウェアの卸事業をはじめることにしました。

現実は甘くありませんでした。毎月1000万円もの赤字を繰り返し頭を抱えた時期もありました。しかし、そこで彼はテレビ宣伝などを行い、翌年には35億の売り上げを誇る立派な企業に立て直したのです。

 

・世界に広がっていく「ソフトバンク

立ち上げ当初は「日本ソフトバンク」という社名でしたが、1990年に「日本」が外れ「ソフトバンク」に変更。世界を視野に入れた社名変更と言えるでしょう。

そして1996年にはポータルサイト「Yahoo Japan」を設立。

企業家としては十分すぎる功績を遺しました。

 

そんな親孝行すぎる孫正義は後継者たちにこうなってほしいという「ソフトバンクバリュー」を次のように掲げている。

1)情報革命で人々を幸せに

2)志高く、正義を貫け

3)圧倒的No.1にこだわる

4)脳がちぎれるほど考えよ

5)地に足がついた革命はない

     (続く)

学校の校歌みたいですが、彼の生い立ちなんかを聞くと「あぁ…なるほど」とどこか胸にくるものがあります。

家族のため、と決意した企業家の夢をかなえた今、彼は顧客のため、を第一に日本のソフトウェア企業の一線を走っています。

 

持論ですが、いい上司にはいい部下が自然と集まって来ると思います。

卵が先か、鶏が先かの話になりますが、いい人はまず出世します。

そして、そのあと自分の部下ができたとき、その部下に対して情熱や愛情を注ぎます。

そりゃあ激しく怒られることもあるでしょうが、愛情の中で育った部下は必ず出世します。以下同じです。

とても簡単なようですが、人を育てるというのはとても大変なことです。

子供を授かったこともないケツが青い女子大生の私が言うのもあれですが、部下の育て方がうまい人は必ず出世します。友達もたくさんいます。家族も笑顔が溢れて…。

 

甘いのではなく優しい、説教ではなくアドバイス

そういう先輩になりたいです。(出世したいなんてよこしまな気持ちは存分にあります)

 

ゲーム実況者の「幕末志士」が死ぬほど面白い件について。

いやー、いつ書こう。いつ書こう。と思ってついにこの日が来ましたね。

私が愛してやまない、「幕末志士」について今日は書きます。

 

幕末志士とは

 幕末志士は、坂本竜馬西郷隆盛の二名。実況は壮大なオープニングによって始まり、ほぼ全編にわたって時代劇調で行われる。坂本の豊富な彙によって繰り出される意味不明叫び技名や、西郷の誘い笑いなどにより、くだらないのに笑ってしまう実況プレイとしてファンの心をわしづかみにしている。特に後述の「奴が来るシリーズ」の動画においては、坂本の発言は台本かと思うほどのものがたくさんあり、志士ではなく、第一級フラグ建築士ではないかとの噂も巻き起こっていると個人的には勝手に思っている。

尚、笑いの神毎度毎度降り立つのが面倒くさい為、常駐している模様。

 (ニコニコ大百科より抜粋)

要約すると、

坂本龍馬(霧崎鋭)と西郷隆盛(そっしー)による二人組ゲーム実況者

● 無意識なゲームバグを多発することからまたの名を「バグ末志士」

● 饒舌な坂本さんの言葉と、道端の石ころを見て笑うゲラの西郷さんで毎回視聴者も大爆笑

 

つまり「神」ってことなんですよねー。

個人的に面白いと思った動画ランキング

< ゲーム実況編 >

3位 マリオ64実況】奴が来る シリーズ

www.nicovideo.jp

奴が来るの奴は1UPキノコを指すのだが、自動追尾してくる1UPキノコから逃げながら、赤い小判を8枚集めるという独自のルールで遊ぶ二人。

「へぇ~簡単じゃん」と思ったそこのあなた。

予想きない1UPキノコの動きに翻弄されるこの二人が超面白いのです。

ちなみに私のおすすめの回は「参」と「伍」です。

 

2位 【必殺裏家業実況】鏡二郎&謙治

www.nicovideo.jp

結構最近出された動画なのですが、これをみれば心ゆくまで「バグ末志士」を堪能できることでしょう。

この動画はぜひ、コメント表示ONにして視聴者のツッコミとともに見てほしい!

 

1位 幕末志士たちの64スマブラ実況プレイ

www.nicovideo.jp

幕末志士といえばコレ!

再生回数は1000万回*1を超える爆笑実況動画です。

さっき西郷隆盛さんを「そっしー」と別記しましたが、知る人ぞ知るあの「そっしー」さん*2です。

そんなスマブラのプロ・そっしーさんVS坂本さんのプレイが面白いのなんの。

坂本さんのせこい○○や…おっとこれ以上は…。

 

これ以上書くと止まらなくなってしまうので、< 幕末志士プライベート動画編 >と

< ラジオ編*3 >は次回。またいつかの機会で。

いやー今日はいい記事がかけた。

 

*1:ニコニコ動画内では9本目。ゲーム実況動画としては初の快挙

*2:スマブラの全国対戦で1位をとった人。ヨッシー使い

*3:会員限定のラジオを毎週土曜日に行っている

アレルギー持ちのお客さんへの配慮はどうするべきか

Twitterを見ていると目に留まるつぶやきが流れて来た。

このツイートを要約すると、

● 女性が店員に「小麦アレルギーなので小麦の入っていないものを頼んだ」ところ、店側からそれを断られた。

● 小麦を含むワッフル等の盛り合わせが運ばれてきた。

● 盛り合わせを食べきらないと追加オーダーなどできない。

 

さらに、

 から見て取れるように「イチゴ一粒の提供に10分以上」かかっていたという。

 

ここまで読んだ私は「うーん…ちょっとなぁ」と思ったのだが、なんだかただのクレームじゃないらしい。

 

本人ではなく、ご家族の妹さんが小麦アレルギーらしいが、本人のツイートに言及したくなるものがあった。

 

た し か に。

ラーメンの麺なんて思いっきり小麦の塊ですけどね…。

 

うちの店でも「100%のオレンジジュースありますか?」や「エビアレルギーなんですけど入ってますか?」など体質やアレルギーに関してお客さんから尋ねられることがある。

例えば「あんまり冷たいと子供がおなか壊しちゃうので…」というお母さん方からの申し出であれば、氷抜きのお飲み物を出すことはできるが、

「乳製品アレルギーなので、チーズなしのピザをください」と言われるとちょっと難しい。もちろん、別添えでチーズを載せているピザならそのような配慮もできるが、製品としてすでにチーズが一緒になっているものもあるので、すべてがすべてお客さんの要望をかなえることは難しい。

特にチェーン店などはそうだろう。

 

では、この投稿者とお店側はどうするのが正解だったのだろうか。

続きを読む

「いらすとや」のイラストが意味不明な件について。

最近よく見かける。

f:id:Sleeping_____a:20170317141447p:plain

よく見かけすぎてゲシュタルト崩壊する。

この世のイラストレーターさんはこの人以外絶滅してしまったのかと思うくらいすごいこの絵柄を見かける。

なぜ、この絵柄のイラストがそこらじゅうでお目にかかれるのか気になった。

 

そもそも誰が書いている?

調べていくと、これらの絵を描いているのはイラストレーターのみふねたかしさんという方らしい。この方が運営している「いらすとや」というイラスト素材のサイトが他の素材サイトとは少し違う。

 

商用関わらず素材の利用は無料

イラストレーターはイラストを描いて、利用者から利用料をいただいて、収入にする。

しかし、みふねたかしさんは、自身のイラストを「フリー素材」として公開している。

また、そのイラストの種類は様々で、学校や会社などで使えるイラストから、商品のパンフレットや、プレゼンテーションの挿絵にも使えるようなイラストたちが、何点もサイトに載っている。

これらのことから、企業や個人の間で瞬く間に人気に火が付き、今では近所のドラッグストアでもみふねたかしさんのイラストをお目にかかれるほど、日本は「いらすとや」で溢れかえっている。

 

これは一体…

政界にも顔をのぞかせる「いらすとや」の可愛いイラストたち。

もっと見たい!と思いサイトのトップページに飛ぶと…

 

f:id:Sleeping_____a:20170317143715p:plain

 

はっ・・・?

f:id:Sleeping_____a:20170317144117p:plain

水の中で眠る会社員たちのイラスト 

水に沈んだ会社の中でのんびりとくつろいでいるサラリーマンたちのイラストです。

 

f:id:Sleeping_____a:20170317144821p:plain

ドーピングのイラスト(金メダル)

男性のスポーツ選手がドーピングをして筋肉もりもりになっているイラストです。

f:id:Sleeping_____a:20170317145558p:plain

AIに支配される人達のイラスト

人工知能に首輪をつけられてペットのように飼いならされている幸せな人類のイラストです。

 

f:id:Sleeping_____a:20170317145842p:plain

ゴーストライターのイラスト

作家や作曲家の代わりに、影でこっそりと文章や楽曲を制作するゴーストライターのイラストです。

f:id:Sleeping_____a:20170317145944p:plain

ラーメンの油をまとめる人のイラスト

ラーメンの汁の上に浮いた油を箸で動かして、大きな油にして遊んでいる人のイラストです。

 

それ、ワイ。