さぁ何時なりと

雑記ばかり。クソインキャ女子大生。

「脳がちぎれるほど考えよ」

日々、革新的な展開を見せるソフトバンクの創始者・孫正義さん。

もしかしたら、日本の総理より名前が世界に知れ渡っているかもしれませんね。

別にソフトバンクの回し者ではないのですが、Youtubeでふと目にした孫さんの演説などを見てグッときたので、今日はそういうことです。自己啓発デーです。

 

 

・彼の生い立ち

孫正義さんは1957年、佐賀県在日韓国人三世として生まれました。

家は貧しく、ぼろぼろのトタン屋根の下で暮らしていたといいます。

彼が中学生の時、父が病に倒れました。兄は高校を辞め、家計の収入を賄い、母は泣き暮らし、家族の危機に瀕したとき「実業家になろう」と決意したのです。

もちろん、そんな簡単に友達や先生、家族が見送りだしてくれるわけもなく、みんなが止めたそうです。

それでも彼は「アメリカに行って何かをつかんで事業を興す」と約束し日本を出ました。

 

アメリカのサンフランシスコのセラモンテ高校に編入してすぐのことでした。

「教科書の内容は全てわかるから、カリフォルニア州の大学試験検定を受けさせてくれ」と校長に掛け合ったのです。(やばすぎ)

しかし、ここはアメリカ。問題は全て英語で出題されます。そこで孫正義は「日本語ならばこの問題は解ける。辞書を貸してくれ」と言い出します。

校長だけでは話をつけられず、州の知事にまで電話で交渉。そして、辞書の持ち込みと時間延長という特例を獲得。見事合格した。

ホーリーネームズ大学入学後すぐに、彼は1日1つ発明をしてそれを続けると決意しました。その間に生まれた「音声装置付きの多国語翻訳機の試作品」はシャープに1億円で買い取られました。

 

・会社の設立

彼は1億円で会社を立ち上げました。22歳のことでした。

日本に帰国後、40種類の事業の中から「50年やり続けられるもの」「ナンバーワンになれるもの」など独自の基準で分析し当時まだなかったソフトウェアの卸事業をはじめることにしました。

現実は甘くありませんでした。毎月1000万円もの赤字を繰り返し頭を抱えた時期もありました。しかし、そこで彼はテレビ宣伝などを行い、翌年には35億の売り上げを誇る立派な企業に立て直したのです。

 

・世界に広がっていく「ソフトバンク

立ち上げ当初は「日本ソフトバンク」という社名でしたが、1990年に「日本」が外れ「ソフトバンク」に変更。世界を視野に入れた社名変更と言えるでしょう。

そして1996年にはポータルサイト「Yahoo Japan」を設立。

企業家としては十分すぎる功績を遺しました。

 

そんな親孝行すぎる孫正義は後継者たちにこうなってほしいという「ソフトバンクバリュー」を次のように掲げている。

1)情報革命で人々を幸せに

2)志高く、正義を貫け

3)圧倒的No.1にこだわる

4)脳がちぎれるほど考えよ

5)地に足がついた革命はない

     (続く)

学校の校歌みたいですが、彼の生い立ちなんかを聞くと「あぁ…なるほど」とどこか胸にくるものがあります。

家族のため、と決意した企業家の夢をかなえた今、彼は顧客のため、を第一に日本のソフトウェア企業の一線を走っています。

 

持論ですが、いい上司にはいい部下が自然と集まって来ると思います。

卵が先か、鶏が先かの話になりますが、いい人はまず出世します。

そして、そのあと自分の部下ができたとき、その部下に対して情熱や愛情を注ぎます。

そりゃあ激しく怒られることもあるでしょうが、愛情の中で育った部下は必ず出世します。以下同じです。

とても簡単なようですが、人を育てるというのはとても大変なことです。

子供を授かったこともないケツが青い女子大生の私が言うのもあれですが、部下の育て方がうまい人は必ず出世します。友達もたくさんいます。家族も笑顔が溢れて…。

 

甘いのではなく優しい、説教ではなくアドバイス

そういう先輩になりたいです。(出世したいなんてよこしまな気持ちは存分にあります)

 

ゲーム実況者の「幕末志士」が死ぬほど面白い件について。

いやー、いつ書こう。いつ書こう。と思ってついにこの日が来ましたね。

私が愛してやまない、「幕末志士」について今日は書きます。

 

幕末志士とは

 幕末志士は、坂本竜馬西郷隆盛の二名。実況は壮大なオープニングによって始まり、ほぼ全編にわたって時代劇調で行われる。坂本の豊富な彙によって繰り出される意味不明叫び技名や、西郷の誘い笑いなどにより、くだらないのに笑ってしまう実況プレイとしてファンの心をわしづかみにしている。特に後述の「奴が来るシリーズ」の動画においては、坂本の発言は台本かと思うほどのものがたくさんあり、志士ではなく、第一級フラグ建築士ではないかとの噂も巻き起こっていると個人的には勝手に思っている。

尚、笑いの神毎度毎度降り立つのが面倒くさい為、常駐している模様。

 (ニコニコ大百科より抜粋)

要約すると、

坂本龍馬(霧崎鋭)と西郷隆盛(そっしー)による二人組ゲーム実況者

● 無意識なゲームバグを多発することからまたの名を「バグ末志士」

● 饒舌な坂本さんの言葉と、道端の石ころを見て笑うゲラの西郷さんで毎回視聴者も大爆笑

 

つまり「神」ってことなんですよねー。

個人的に面白いと思った動画ランキング

< ゲーム実況編 >

3位 マリオ64実況】奴が来る シリーズ

www.nicovideo.jp

奴が来るの奴は1UPキノコを指すのだが、自動追尾してくる1UPキノコから逃げながら、赤い小判を8枚集めるという独自のルールで遊ぶ二人。

「へぇ~簡単じゃん」と思ったそこのあなた。

予想きない1UPキノコの動きに翻弄されるこの二人が超面白いのです。

ちなみに私のおすすめの回は「参」と「伍」です。

 

2位 【必殺裏家業実況】鏡二郎&謙治

www.nicovideo.jp

結構最近出された動画なのですが、これをみれば心ゆくまで「バグ末志士」を堪能できることでしょう。

この動画はぜひ、コメント表示ONにして視聴者のツッコミとともに見てほしい!

 

1位 幕末志士たちの64スマブラ実況プレイ

www.nicovideo.jp

幕末志士といえばコレ!

再生回数は1000万回*1を超える爆笑実況動画です。

さっき西郷隆盛さんを「そっしー」と別記しましたが、知る人ぞ知るあの「そっしー」さん*2です。

そんなスマブラのプロ・そっしーさんVS坂本さんのプレイが面白いのなんの。

坂本さんのせこい○○や…おっとこれ以上は…。

 

これ以上書くと止まらなくなってしまうので、< 幕末志士プライベート動画編 >と

< ラジオ編*3 >は次回。またいつかの機会で。

いやー今日はいい記事がかけた。

 

*1:ニコニコ動画内では9本目。ゲーム実況動画としては初の快挙

*2:スマブラの全国対戦で1位をとった人。ヨッシー使い

*3:会員限定のラジオを毎週土曜日に行っている

アレルギー持ちのお客さんへの配慮はどうするべきか

Twitterを見ていると目に留まるつぶやきが流れて来た。

このツイートを要約すると、

● 女性が店員に「小麦アレルギーなので小麦の入っていないものを頼んだ」ところ、店側からそれを断られた。

● 小麦を含むワッフル等の盛り合わせが運ばれてきた。

● 盛り合わせを食べきらないと追加オーダーなどできない。

 

さらに、

 から見て取れるように「イチゴ一粒の提供に10分以上」かかっていたという。

 

ここまで読んだ私は「うーん…ちょっとなぁ」と思ったのだが、なんだかただのクレームじゃないらしい。

 

本人ではなく、ご家族の妹さんが小麦アレルギーらしいが、本人のツイートに言及したくなるものがあった。

 

た し か に。

ラーメンの麺なんて思いっきり小麦の塊ですけどね…。

 

うちの店でも「100%のオレンジジュースありますか?」や「エビアレルギーなんですけど入ってますか?」など体質やアレルギーに関してお客さんから尋ねられることがある。

例えば「あんまり冷たいと子供がおなか壊しちゃうので…」というお母さん方からの申し出であれば、氷抜きのお飲み物を出すことはできるが、

「乳製品アレルギーなので、チーズなしのピザをください」と言われるとちょっと難しい。もちろん、別添えでチーズを載せているピザならそのような配慮もできるが、製品としてすでにチーズが一緒になっているものもあるので、すべてがすべてお客さんの要望をかなえることは難しい。

特にチェーン店などはそうだろう。

 

では、この投稿者とお店側はどうするのが正解だったのだろうか。

続きを読む

「いらすとや」のイラストが意味不明な件について。

最近よく見かける。

f:id:Sleeping_____a:20170317141447p:plain

よく見かけすぎてゲシュタルト崩壊する。

この世のイラストレーターさんはこの人以外絶滅してしまったのかと思うくらいすごいこの絵柄を見かける。

なぜ、この絵柄のイラストがそこらじゅうでお目にかかれるのか気になった。

 

そもそも誰が書いている?

調べていくと、これらの絵を描いているのはイラストレーターのみふねたかしさんという方らしい。この方が運営している「いらすとや」というイラスト素材のサイトが他の素材サイトとは少し違う。

 

商用関わらず素材の利用は無料

イラストレーターはイラストを描いて、利用者から利用料をいただいて、収入にする。

しかし、みふねたかしさんは、自身のイラストを「フリー素材」として公開している。

また、そのイラストの種類は様々で、学校や会社などで使えるイラストから、商品のパンフレットや、プレゼンテーションの挿絵にも使えるようなイラストたちが、何点もサイトに載っている。

これらのことから、企業や個人の間で瞬く間に人気に火が付き、今では近所のドラッグストアでもみふねたかしさんのイラストをお目にかかれるほど、日本は「いらすとや」で溢れかえっている。

 

これは一体…

政界にも顔をのぞかせる「いらすとや」の可愛いイラストたち。

もっと見たい!と思いサイトのトップページに飛ぶと…

 

f:id:Sleeping_____a:20170317143715p:plain

 

はっ・・・?

f:id:Sleeping_____a:20170317144117p:plain

水の中で眠る会社員たちのイラスト 

水に沈んだ会社の中でのんびりとくつろいでいるサラリーマンたちのイラストです。

 

f:id:Sleeping_____a:20170317144821p:plain

ドーピングのイラスト(金メダル)

男性のスポーツ選手がドーピングをして筋肉もりもりになっているイラストです。

f:id:Sleeping_____a:20170317145558p:plain

AIに支配される人達のイラスト

人工知能に首輪をつけられてペットのように飼いならされている幸せな人類のイラストです。

 

f:id:Sleeping_____a:20170317145842p:plain

ゴーストライターのイラスト

作家や作曲家の代わりに、影でこっそりと文章や楽曲を制作するゴーストライターのイラストです。

f:id:Sleeping_____a:20170317145944p:plain

ラーメンの油をまとめる人のイラスト

ラーメンの汁の上に浮いた油を箸で動かして、大きな油にして遊んでいる人のイラストです。

 

それ、ワイ。

 

「タダより高いものはない」の神髄

あてもなくフラフラと市街地を歩いていると、ソフトバンクショップの店先の気になる小看板が目に入った。

その小看板の内容はこうだ。

www.softbank.jp

引換券、誰でももらえる、ポイント、プレゼント…

いやいや、そこまでサービス文句を連ねるとそのうち高いツボとか買わされそうで怖いんだけど、と少し思ったが、あのソフトバンクさんなのだからそんなこともないだろう。(あったとしても、XperiaとかiPhone勧められるくらいだ)

そして面白いなぁとおもったのが、本当に文字通り「誰でも」引換券を受け取れる、というところだ。

たいていこういうのは「キャリア*1ソフトバンクの人」とか「抽選500名様(とかいう運ゲー」とか条件があるものだが、これに関しては本当に「誰でも」らしい。

しいて言うなら簡単なアンケートに答えることが必須らしいが、簡単な質問に答えるだけなので、そんな手間はかからない。

softbankって太っ腹なんやな、おしまい。」で締めくくってもいいが、

私はなぜ「誰でも」「無料」が成り立つのだろうと思った。

 

普及する「無料引換券」

私が最近出会った「無料」たちをまずは紹介する。

  • マクドナルドできれいなお姉さんに「dポイントカード」を勧められたので貰ったら、コーヒー一杯無料券も渡された。お姉さんありがとう。
  • 毎週金曜日になると母が「ファミチキファミチキ!」と騒ぐ。どうやらsoftbankの「スーパーフライデー」という企画らしい。
  • 家の中でもwi-fiが届く場所とそうでない場所の差が激しかったので、連絡したところ、「無料で新しいタイプのwi-fiを設置します」と言われて怖かったので断った。
  • pontaカード」でポイントをためる*2と、ローソン店内のroppiで商品引換券が発行できる。ポイントを使って新商品を無料で試せるのでとてもおすすめ。

とまぁ、こんな感じである。

確かに「無料」=「お得」な考えもあるのだが、どちらかというと「無料」=「なんで?」「え、怪しくない?」という疑いの方が先に来てしまう。

そのため、優しい配慮で提案してくれたwi-fiのお姉さんも跳ね飛ばすような回答をしてしまった。今からでも新しいwi-fiくれますか。

そして、日常に「無料」が溢れていることに気付いた。割引ではなく「無料」

「無料」にすることは企業の身銭を切ったキャンペーンのように思われるが、痛手にはならないのだろうか。

 

それぞれ違う「無料」で成り立つ訳

面白いまとめNeverがあったのでリンクを貼っておく。

matome.naver.jp

 このまとめではいくつかの「◎◎が無料なのはどうして?」が紹介されているので抜粋して、いくつかを挙げる。

・スーパーで置いてある牛脂はどうして無料?

→余りものとして出た牛脂をお客様に持ち帰ってもらえれば、店は牛脂を処分する「廃棄処分代」をかけなくて済むから。

 

Adobe Flash Playerなどはどうして無料?

→それ自体が無料だとしても、Adobeの名が普及すれば後々Adobe製品を目に留めてもらいやすくなるから。

 

・なぜつけ麺は大盛り無料にできるのか?

→麺よりスープの方がお金がかかるからです。

 

・よく見る「100名に1人お買い物無料」はどういう仕組み?なぜやってるの?

→1/100の確立でランダムに当選者が出る。

100人に5%引きを行うより、100人のうちの1人を10万円分無料にするほうが安く済むから。

(例)100人に5%引きを行う。

10万円の商品ー5%引き×100人=50万

(例)100人のうち1人を10万円分無料

10万円の商品ー10万円引き×1人=10万

 

最後の「100名に1人~」は数学が苦手なのでこう、確立とか、安上がりとかを実感するのが大変でしたが、たしかにどの「無料」たちもよく考えられている。

店の利益だけでなく、顧客としても嬉しいwin&winな仕組みだろう。

 

「タダより高いものはない」

「無料」の仕組みを知って、ほくほくとした顔で帰っている途中、今思い出してはいけないフレーズを思い出してしまった。

只より高いものはない(タダヨリタカイモノハナイ)とは - コトバンク

「え?だってwin&winだから高いも何もないよね?え?覆さないで?このまま平和に終わろう?」と自分に言い聞かせたが、どうしても神髄に触れたい。

どうも人間というのは何かをもらったり、無料でよくしてもらったりすると「いや~申し訳ないなぁ」という気持ちになるらしい。

それで、後に良くしてもらった人間に頼まれたりしたときは「あの時はよくしてもらったからねぇ」という気持ちから手伝ったり、協力したりする傾向があるらしい。

それが続いていくと、結果として純粋な「無料」ではなくなり、むしろ損をしてしまうことを指したフレーズが「タダより高いものはない」らしい。

 

これを読んだ瞬間「あ~~~~読まなければよかった~~~」と思った。

結果、企業の手の上で転がされているような気分になったし、人間不信に拍車がかかったような気がした。(大袈裟)

しかしそれでいても、帰りのコンビニで「ドーナツとセットでおひとつ無料」や「二つ買ったらプレゼント」の文字を見つければ「ぬ?おいしそうな文字だ」と鼻の下を伸ばしてまたドーナツとチョコレート菓子を買ってしまうのだ。

手のひらでコロコロしながら過ごすのも悪くない。

 

追伸

ブログの更新が滞ってすみません。

後日まとめて記事をアップしますので、もうしばらく待ってください。アデュー。

*1:通信サービスを提供している会社のこと。

*2:100円ごとに1pointたまる

自己紹介でウケの良い映画を探す巻。

半月後の入学式を意識始めた。

私の通う学部は夜間部の日本文化学科なので、全日制の大学の学科よりは若干人数は少ないものの、それなりの人数が集まる。

たいてい人が集まると「じゃあ…自己紹介でもしましょうか」という流れになるし、私はそのたびに頭を抱える。

高校生くらいまでは「まぁ、あとから仲良くなった人に趣味とか言えばいいか」と思い、さらっと名前*1を名乗って、さらっと「よろしくお願いします」を言って、さらっと座ってたのだけれどこれがよくなかった。卒業式当日まで、クラスメイトに苗字にさん付けで呼ばれた。

…今年こそは、なんというか、ちゃんと印象に残る人物になりたい……!

 

自己紹介の仕方がわからない問題

ぬくぬくと自己紹介を潜り抜けてきた私にはある問題があった。普通の自己紹介の仕方がわからない。

自己紹介なんてのは言わずもがな皆ができる前提で進んでいく。先生が大きめの字で「なまえ」「すきなこと」「クラスのおともだちにひとこと」と書いてくれるのはせいぜい小学生くらいまでである。間違っても18歳以上の人間しかいない場でそんなことをいちいち指示してくれる大人はいない。

もちろん、「なまえ」「すきなこと」「クラスのおともだちにひとこと」を三拍子で連ねて綽綽と座ってもいいのだが、こう…つまらない。

そして、苗字にさん付けLIFEが2nd SEASONを迎えてしまう気がする。

いやいや、どうしたものか…

 

とりあえず好きな映画でも言ってみるか問題

私はこれといった特技や趣味を持っていないが、映画と読書は好きだ。

しかし、”流行り”の作品よりかは少し古かったり、「あ~あったね、そういやそんなやつも」とノスタルジースイッチを激押しするようなもののほうが好きだったりする。

時代に取り残されている哀れな古代人のように見えるかもしれないが、最近の作品はマスメディアのプッシュが強すぎて逆に見る気が失せてしまうピエロな性格のせいだほんと許すまじ自分よ。

ということで、まずは自分の好きな映画をいくつか挙げて、その中でも一般受けしそうなものを選んでこの記事を終えようと思う。

 

 ①LEON

レオン 完全版 [Blu-ray]

レオン 完全版 [Blu-ray]

 

 ②鉄コン筋クリート

鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]

鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]

 

 ③ 青の炎

青の炎 [DVD]

青の炎 [DVD]

 

 

気づいてしまったが、自分の好きな映画はあの、ちょっと治安が悪い映画が多い。

これはちょっと…はじめましての場で、これは…あのえっと…

私は好きな映画を言わないほうが印象は良いのかもしれない…

 

実験結果

下手なアピールより「なまえ」「すきなこと」「クラスのおともだちにひとこと」一番いい!

 

 

ほんとがんばろ。

*1:高校一年生の時は「私はじゃがいも好きなのでポテトと呼んで」とかほざいてた

ここで生きていく。

三月ももうすぐ半ばに差し掛かる。

つい先日、新年を迎え心機一転、何かを残せる年にしようと思っていたのに、特に何もせず三か月目を迎えてしまった。

「時の流れはあっというまだ」というのは誰もが聞いたことがあると思うし、誰もが感じたことのあるものだとは思うが、今日は改めて「あっというま」を認識した。

 

高校三年間の過程を終え、家でゴロゴロしていた私に高校の部活の後輩が声をかけてくれた。毎年恒例の「*1追い出し会」のお誘いだった。

後輩が一生懸命にゲームを考えてくれたり、お菓子を用意してくれたり、プレゼントをくれたりする姿に不覚にも感極まった。

と、同時に二年前の自分を思い出していた。そして、やっとそこで”卒業”の実感が涌いてきた。

 

同じ日に、”再会”を経験した。

相手は、四年前に知り合った映画製作の仲間たちだ。

正直想像以上にみんな変わってなさ過ぎて、まるで四年前に戻った気分がした。

忘れかけていた夏を思い出した。

仲間と何かを創造する楽しさだとか、学校で教えてくれない大人の姿とか、自分を評価してくれる人が必ずいることだとか…とても刺激的な夏だった。

「ゆるーく繋がっていましょう」

その言葉を聞いた瞬間、ハッと我に返った。

孤独だと泣いた日々や、多忙でいっぱいいっぱいになってしまった日々、退屈だと寝ころんでいた日々。

そんな時に一つ愚痴に付き合ってくれる友人が私にはいて、拙い私でも必要としてくれる大人が私にはちゃんといた。

それなのに、すべてをシャットアウトすることが正解だと信じていた自分がどれだけ馬鹿だったか、阿呆だったか。

連絡を何度もくれた恩師や友人に申し訳ないな、と心から思った。申し訳ない。

そして離れかけていた映像系の分野にもまた興味が帰ってきた。

これと言って私に特異な才能はないが、人手が足りなかったり、何か手伝えそうなことがあったら是非声をかけてほしい。

 

私もあともう半月すれば「大学生」になる。

幼稚園の頃から何となく自分は進学して大学生になるんだろうなぁと考えていたが、まさか本当にここまで来れるとは思っていなかった。

新しい社会はどんなところなんだろう。

少し不安は残るが、何かあってもきっと大丈夫だろう。

私の仲間たちがそんな気にさせてくれた。

*1:部活の恒例行事。所謂「三年生を送る会」のこと。